未分類

費用不要で借金返済するには?

「費用不要で借金返済できる方法はある?」
「借金返済が大変で弁護士費用が払えそうにもない」
こんな疑問や悩みがあるかた。

借金は必ずしも自分1人の力で返す必要はありません。
専門家などの力を借りることで、思ったよりもすんなりと返済できるケースがあります。

費用不要で返済する方法

必ず費用不要になるわけではありませんが、場合によっては費用不要で借金返済ができます。

過払い金請求をする

過払い金請求をすれば、費用不要で借金返済できる場合があります。

過払い金請求とは、貸金業者に払いすぎた利息を返してもらうこと。

法改正される前の2010年6月17日以前は、今よりも高い金利(上限29.2%)に近い利息でお金を貸している貸金業者が数多くありました。

しかし法改正により、現在は上限が15~20%になっています。

この上限29.2%と上限15~20%の金利差をグレーゾーン金利と言います。このグレーゾーン金利の分が過払い金として請求できるのです。

過払い金の額が多い場合、過払い金だけで借金と弁護士費用の両方を支払える可能性があります。

「昔から借金返済を続けている」というかたは過払い金が発生している可能性があるので、ぜひ弁護士や司法書士に調べてもらいましょう。

法テラスに相談する

法テラスとは、国が設立した法律問題の相談窓口です。
弁護士を紹介してくれたり、一定の条件を満たせば無料相談ができたりします。

法テラスでは借金返済を立て替えてもらえる制度があります。

借金額が帳消しになることはありませんが、一時的に費用不要で返済できるので、生活を立て直しやすくなります。

ただし法テラスは収入や資産が一定以下でないと無料相談が利用できません。

具体的な収入や資産の基準は以下を参照してください。

申込者及び配偶者の手取月収額
  • 1人世帯…18万2,000円以下
  • 2人…25万1,000円以下
  • 3人…27万2,000円以下
  • 4人…29万9,000円以下
〈資産合計額〉※自宅や訴訟中の物件を除く
  • 1人…180万円以下
  • 2人…250万円以下
  • 3人…270万円以下
  • 4人…300万円以下

詳しくは法テラスのホームページで確認してみましよう。

借金を減額する方法

費用不要とまではいかなくても、借金を減額する方法があります。

任意整理

貸金業者と直接交渉することで、将来の利息をカットしてもらえる可能性があります。

「交渉は難しそう」というかたは弁護士や司法書士に代理人になってもらうと良いでしょう。

任意整理は裁判所を通さない手続きなので、比較的容易におこなえます。

また任意整理する場合は、世帯全員分の戸籍謄本などの書類は必要ないので、「家族にバレたくない」というかたにもおすすめです。

任意整理のデメリットとしては、信用情報機関に履歴が残ってしまう(ブラックリストに載る)ことが挙げられます。

貸金業者と和解した日から5年間はクレジットカードを作ったりローンを組んだりできなくなるので注意しましょう。

個人再生

大幅に借金を減額する方法です。
5分の1程度に減額された借金を3年ほどかけて返済するのが一般的です。

裁判所を介した手続きですが、自己破産のように財産のほとんどを没収される、といった心配もいりません。

任意整理よりもメリットが大きいですが、ブラックリストに載るだけでなく、国が発行する「官報」に個人再生の事実が掲載されるといったデメリットがあります。

個人再生では、個人再生が認められた日から5~10年間は借り入れができなくなります。

また継続的な収入がないかたは個人再生できないので、この点も注意しましょう。

自己破産

借金を全額免責する方法です。

借金が0円になるという大きなメリットがありますが、99万円以下の現金などを残して、ほとんど全ての財産を失うことになるでしょう。

ただし20万円未満の資産は、処分されずに維持できる可能性があります。

さらに、自己破産をすると、手続き中は警備員や生命保険募集人など特定の職業に就けなくなります。

自己破産では、支払いが免除されてから5~10年は借り入れができなくなります。

過払い金請求

先ほども触れましたが、過払い金請求ができれば借金総額を減らせます。

口座振替

ATMから借金返済をしているかたは、口座振替にするだけで毎回100~500円ほどの振り込み費用を削減できます。

複数の業者から借り入れをしているかたには特におすすめです。

家族への相談

思い切って家族に相談することで、借金返済をある程度サポートしてもらえる可能性があります。

まとめ

費用不要、または費用を減額して借金返済できる方法があります。

過払い金があるかたは、さらに借金返済の負担を減らせるでしょう。

借金問題を抱えこむ前に、ぜひ専門家に相談して解決してみてくださいね。