未分類

債務整理での弁護士選びのポイントは?

債務整理をする際に、どうやって弁護士を選べば良いのでしょうか?

日常的に弁護士を利用する機会が少ない人がほとんどなので、「弁護士を選ぶ基準が知りたい」というかたも多いようです。

そこでこの記事では弁護士選びのポイントを見ていきたいと思います!

債務整理とは

債務整理とは、借金を減額したり返済期間を延長したりする手続きのことです。

債務整理には次の3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理とは、貸金業者と直接交渉し、借金を減額する方法です。

裁判所を通さない比較的手軽な手続きなので、債務整理のなかで最も多く行われています。

ただし返済後は5年ほどブラックリストに載るので、クレジットカードが作れなくなるなどのデメリットがあります。

貸金業者との交渉に不安があるかたは、弁護士に代行してもらうのがおすすめです。

個人再生(民事再生)

裁判所を通しておこなう債務整理です。

借金を大幅に(5分の1程度に)減額できますが、その分「ブラックリストに載る」「官報(国が発行する新聞のようなもの)に掲載される」といったデメリットがあります。

個人再生後は3年ほどかけて借金を返済していくのが一般的です。

また任意整理より手続きが複雑なので、弁護士費用も高くなる傾向にあります。

自己破産

裁判所に申し立てをすることで、全ての借金を帳消しにする手続きです。

支払いが不可能なほど多額の借金を抱えている場合に、自己破産をする場合が多いです。

ただし自己破産をすると所有している財産のほとんどが処分されるというデメリットがあるので、気軽に行えるものではありません。

弁護士選びのポイント

弁護士に債務整理を依頼する場合、どんなポイントに注意すれば良いのでしょうか?

債務整理を専門に取り扱っている

弁護士によって得意分野が異なります。

債務整理の相談をしたいなら、借金問題を中心に扱っている弁護士に依頼するのがおすすめです。

気になる弁護士事務所のホームページを確認すると、どんな分野が得意なのかが分かるでしょう。

実績が豊富かどうか

弁護士の過去の実績を確認するのも大切です。

債務整理に慣れている弁護士だと、手続きがスムーズに進みやすいからです。

複数の弁護士に相談する

複数の弁護士に相談し、自分が一番良いと思った弁護士に相談しましょう。

「一度相談した弁護士に、必ず債務整理を依頼しなければならない」ということはありません。

どの弁護士がリーズナブルか、どの弁護士が信頼できるか、さまざまなことが判断しやすくなります。

弁護士費用の相場は?

依頼する弁護士によっても費用相場は異なりますが、一般的には次のような費用がかかります。

  • 相談料…1万円
  • 着手金…弁護士が仕事に取り掛かると必ず発生する費用。5~10万円
  • 解決報酬…手続きが成功した場合に支払う報酬。3~5万円
  • 減額報酬…減額できた金額の10~20%
  • 過払い金成功報酬…過払い金の20%(過払い金があった場合のみ)

もちろん弁護士によって相談料や着手金が無料だったりします。

「弁護士費用が払えそうにない」というかたは、後払いや分割払いに対応してくれる弁護士に依頼するのがおすすめですよ。

費用の総額に注意する

弁護士は報酬額などを自由に決められます。

弁護士によっては「着手金が無料」といった場合も多いですが、その分、手数料が割高な弁護士事務所があったりします。

「最終的な費用の総額はいくらか」ということを知るのが大切です。

債務整理を弁護士に依頼するメリット

債務整理を弁護士に依頼すると、次のようなメリットがあります。

  • 家族にバレにくい
  • 督促がストップする
  • 楽に債務整理できる

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士が貸金業者との交渉や連絡を仲介してくれます。

これなら債務整理の過程で貸金業者から自宅に連絡が来たりするのを避けられますね。

また督促の電話や書類が家に届いて借金が家族にバレるのも防げます。
(個人再生や自己破産はバレる可能性あり)

手続きを全て弁護士にまかせられるので依頼者が楽、というのも大きなメリットでしょう。

司法書士に依頼する方法もある

債務整理を司法書士に依頼するのも可能です。

司法書士は弁護士よりも費用が安く済む場合があります。

ただし司法書士による債務整理には「1債権者あたり140万円まで」という、扱える金額の上限があるので注意が必要です。

また個人再生や自己破産の場合は、司法書士は書類の作成といった限定された範囲しか手続きを代行できない、という制限もあります。

弁護士費用を抑えたい場合は法テラスへ

法テラスとは国が設立した「トラブル解決窓口」のこと。

できるだけ弁護士費用を抑えたいというかたは、法テラスに相談する方法もあります。

法テラスのメリット

法テラスに相談すると「民事法律扶助制度」が利用できます。

これは弁護士や司法書士の費用を全額、法テラスに立て替えてもらえる制度です。

ただし「収入や資産が一定以下であること」という条件があるので、誰でも利用できるわけではありません。

まとめ

債務整理を考えているかたは、まずは弁護士選びが大切です。

「費用は適切か」「実績があるか」など、さまざま条件をクリアしている弁護士を探しましょう。

費用はかかりますが、弁護士に依頼すると「督促がストップする」「面倒な手続きを代行してもらえる」といった多くのメリットがありますよ。