未分類

借金返済を弁護士・司法書士に依頼する。特定調停とは?

「借金返済が少しでも楽になる方法はない?」
「利息の返済ばかりで元本がなかなか減らない」

こんな疑問やお悩みをお持ちのかたには、「債務整理」という方法があります。

この記事では債務整理の手続きの一環として行われることがある「特定調停」について見ていきます。

特定調停とは

債務整理では「任意整理」「個人再生」「自己破産」が一般的ですが、「特定調停」が行われる場合もあります。

特定調停とは、裁判所が選んだ調停委員が、借金を抱えている人と貸金業者との間に入り、話し合いを進める方法です。

「任意整理」「個人再生」「自己破産」の中では、任意整理に最も近い手続きと言えます。

特定調停のメリット

特定調停には次のようなメリットがあります。

  • 自分で手続きが可能
  • 借金を減額できる
  • 特定の借金だけ特定調停できる
  • 手続きをしても官報に載らない
  • 保証人や担保への影響がない

特定調停のメリットは、任意整理との共通点が多いです。

特定調停のデメリット

特定調停には次のようなデメリットがあります。

  • 法律の知識が必要
  • 家族にバレる
  • 裁判所での手続きが必要
  • ブラックリストに登録される
  • 調停委員は必ずしも法律のプロではない
  • 過払い金が取り戻せない
  • 調停で決まったことには法的効力がある

場合によっては特定調停により不利な状況に陥り、借金返済が難しくなる場合があるので注意が必要です。

また特定調停が裁判所に受理されるまでは日数がかかります。

「今日すぐにでも貸金業者からの取り立てを中止させて欲しい」といったことは難しいでしょう。

さらに特定調停は裁判所へ出向かなければならないので手間がかかり、手続きを諦めるかたもいます。

特定調停が可能なのはどんな人?

特定調停をするには一定の条件があり、誰でもできるわけではありません。

借金返済できる見込みがある

借金返済ができる見込みがないと、特定調停の手続きはおこなえません。

アルバイトなどで毎月収入があったとしても生活費以外の余裕がなければ、特定調停は難しいでしょう。

一般的には3年、最長で5年かけて返済できそうなら、特定調停が可能です。

平日に出廷できる

平日に裁判所へ出廷できなければ、特定調停の手続きは行なえません。

「仕事が忙しく平日は休みが取れそうにない」というかたは、手続きは難しいでしょう。

他の債務整理との比較

ここでは特定調停と、他の債務整理を比較してみます。

特定調停は成功率が低い

特定調停は他の債務整理と比べると成功率が低い傾向にあります。

特定調停の成功率は3%と言われることもあり、「すぐにでも借金を減額したい」というかたには向かないかも知れません。

特定調停が不成立の場合は、別の債務整理をし直すことになるでしょう。

「どうしても借金返済の負担を減らしたい」というかたは、任意整理のほうがおすすめです。

過払い金請求ができない

特定調停をする際は、過払い金請求を一緒に行えません。

特定調停も過払い金請求もしたいというかたは、2つの手続きを別々で行なう必要があるので手間がかかります。

一方、特定調停以外の債務整理なら、手続きと一緒に過払い金請求も行えます。

特定調停は基準が明確でない

特定調停は調停委員や簡易裁判所によって基準にバラつきがあります。

調停が成立するまで損害遅延金を支払う必要があったりなかったり、明確な取り決めが無いのです。

特定調停が成立するまでの期間も人によってバラバラなので、返済計画が立てにくいのが難点です。

特定調停は利用者が少ない

他の債務整理と比べると、特定調停は利用者が少ないです。

2017人には年間わずか3,000件しか行われていません。

やはり特定調停は成功率が低いので、任意整理や個人再生など、成功率が高い債務整理をしたいと思う方が多いのは、当然かも知れません。

特定調停は弁護士や司法書士に依頼するのがおすすめ

特定調停は個人でもおこなえますが、弁護士や司法書士に依頼するとスムーズに手続きできます。

弁護士や司法書士は法律のプロなので、調停委員や貸金業者との話し合いにも慣れています。

法律の知識がなく交渉にも慣れていない人が話し合いをすると、貸金業者にとって有利な条件をのまされる恐れもあります。

また弁護士や司法書士には「特定調停申し立て書」などの書類作成も代行してもらえます。

書類作成といった面倒な作業を専門家にまかせてしまえば、すんなり手続きが行えるでしょう。

まとめ

特定調停はデメリットも多いので、「特定調停をしようと考えている」というかたは慎重に検討しましょう。

実際に特定調停をおこなう場合は弁護士や司法書士に依頼すると、煩雑な手続きや交渉を代行してもらえるのでおすすめです。