未分類

借金はどこからバレる?借金返済を家族に秘密にする方法

「家族に秘密の借金がある」
「家族にバレずに借金返済する方法はないか」

こんな悩みや疑問をお持ちの方。まだ打つ手はあります。

この記事では、どこから借金がバレるのかをチェックしていきます。

借金を抱えているかたは、ついつい気を抜き家族にバレて、最悪の場合は離婚に発展する可能性もあるので要注意。

記事の後半で家族にバレずに返済する方法についても見ていくので、ぜひ参考にしてみてください。

借金はどこから家族にバレる?

借金はどこから家族にバレるのでしょうか?

留守の間にバレる

借金をした本人が留守の間に、借金がバレることがあります。

服のポケットやゴミ箱の中から借金の明細書が見つかってしまうのです。

普段は気をつけていても「ついうっかり」ということがあります。

家族に借金返済を知られたくない場合は、なるべく自宅に借金に関する書類などを置いておかないようにしましょう。

クレジットカードが使えなくなりバレる

クレジットカードの借金の返済が滞ると、もちろんクレジットカードが使えなくなります。

家族で買い物に出かけた際にクレジットカードが使えないことが発覚し、それがきっかけで借金がバレてしまいます。

クレジットカードを公共料金の支払に使っている場合も注意しなくてはなりません。

家族で使っているクレジットカードで借金を重ねるのは避けたいものです。

口座に不審な入金がある

キャッシングを利用し銀行口座に入金があると、家族に不審がられて借金がバレることがあります。

キャッシングは「手軽なので、ついつい使いすぎてしまう」というかたが多いので、どうしても利用する際は、余裕を持って返済できる額を借りましょう。

キャッシングのATM利用でバレる

キャッシングのATMを利用しているのを家族に見られたり、家族と共通の友人に見られたりして借金がバレる場合があります。

これを避けるには、家族と共有していない預金口座にお金を振り込んでもらう、といった対策が必要です。

督促の電話でバレる

貸金業者から督促の電話が携帯電話にかかってきた場合、コソコソ対応していると家族に怪しまれ、借金がバレてしまいます。

督促の電話だというのがバレなくても、浮気を疑われたりして家族の関係がギクシャクする可能性があります。

家族や親戚が保証人になっている借金でバレる

家族が親戚が保証人になっている借金の返済が滞ると、家族や親戚に請求書が届きます。

これがきっかけて借金がバレてしまいますね。

家族に秘密で借金返済できる!任意整理のメリット

借金返済が難しい状況で、それでも家族に借金を秘密にしたいなら「任意整理」するのがおすすめです。

任意整理とは債務整理の一種で、借金を減額したり将来の利子をカットしたりできる手続きのことです。

「債務整理」とは借金額を減らしたりすることを言い、債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。

特に任意整理は裁判所を介さず直接貸金業者と交渉をするので、裁判所から書類が届いたりすることもなく、家族にバレるリスクが少ないです。

任意整理は年間300~500万人ほどが利用していると言われていて、最も身近な債務整理です。

それでは債務整理のメリットを見ていきましょう。

メリット1:弁護士がプライバシーに配慮してくれる

任意整理なら家族にバレずに借金返済が可能です。

弁護士(や司法書士)が貸金業者とのやり取りの窓口になってくれるので、「家に貸金業者からの郵便物が届かないようにして欲しい」と要望も可能です。

また弁護士から家に書類を送って欲しい時でも、弁護士個人の名前で送ってもらったり、近所の郵便局で局留めにしてもらったりできます。

ただし長期間借金を放置して貸金業者から訴訟を起こされたりすると、家に裁判所から訴状が届くので、家族にバレやすくなるでしょう。

メリット2:無料相談を利用できる

「借金返済が難しいのに相談費用が払えるわけない」思っているかたでも、無料相談が可能な法律事務所が数多くあるので大丈夫。

また弁護士費用の分割払いや後払いにも対応してくれる法律事務所を選べば、金銭的に苦しい状況でも弁護士の力を借りられます。

任意整理は、弁護士費用の総額も個人再生や自己破産よりリーズナブルです。

メリット3:手続きに家族の情報が必要ない

個人再生や自己破産とは異なり、任意整理なら手続きに家族の給与明細書や源泉徴収票などは必要ないので、家族に秘密にできます。

メリット4:特定の借金だけ任意整理できる

複数の貸金業者から借り入れをしている場合、任意整理なら特定の借金だけを債務整理できます。

個人再生や自己破産は全ての借金を整理しなければならないため、ローンが残っている車を差し押さえられたりして、家族にバレてしまうでしょう。

メリット5:短期間で手続きができる

任意整理は比較的短期間で手続きが完了します。

個人再生が約6ヶ月、自己破産が6ヶ月~1年ほど手続きに時間がかかりますが、債務整理は3~6ヶ月ほどで済みます。

手続きが短ければ短いほど心労も減るので、家族との時間をリラックスして過ごせるでしょう。

まとめ

借金返済を家族に秘密にしておくには、返済期間中は多くのことに注意しなくてはなりません。

しかし家族に隠し続けるのは精神的にも疲れますし、なるべく借金問題は早めに解決したいものです。

どうしても借金が返せない場合は、1人で悩まずに弁護士や司法書士に相談すると、スムーズに問題解決できますよ。