未分類

嫁や旦那に借金を内緒でされていた!自分に借金返済の義務はある?

「嫁が返済不可能な借金を抱えていた」
「旦那がこっそり借金を作っていた」

こういった場合、配偶者に借金返済の義務は発生するのでしょうか?

詳しく見ていきます。

配偶者に返済義務はない

嫁や旦那が借金をしていても、配偶者に返済義務はありません。

借用書や契約書で保証人になっていれば別ですが、借金はあくまでも個人のものです。

無断で配偶者を保証人にしていた場合でも、「保証人を了承しない」と申し出れば、保証人契約を無効にできます。

ただし配偶者が嫁や旦那の借金を少しでも返済をしてしまうと、保証人契約を認めたことになるので注意が必要です。

配偶者が保証人になっている場合は?

配偶者が借金の保証人になっている場合は、配偶者が借金を支払わなければいけません。

嫁や旦那が家計と関係なく個人的に作った借金であっても、もちろん支払い義務は発生します。

保証人には「保証人」と「連帯保証人」の2種類があることにも留意しましょう。

保証人よりも連帯保証人のほうが責任が重くなります。

保証人は貸金業者から返済を迫られても「まずは借金をした本人に請求してほしい」と主張できますが、連帯保証人はできません。

また保証人は「借金をした本人の財産を差し押さえてくれ」と主張できますが、連帯保証人は主張できません。

さらに、保証人が複数いた場合は返済額を保証人の人数で分割できますが、連帯保証人は全額を1人で支払わなくてはなりません。

嫁や旦那が借金を滞納した場合の影響は?

嫁や旦那が借金返済を滞納していた場合、どんな影響が出てくるのでしょうか?

配偶者の信用情報に影響はない

嫁や旦那が借金返済を滞納していたとしても、配偶者の信用に傷が付くことはありません。

ただし配偶者のどちらかが借金返済できないと、結局はその借金をもう一方の配偶者が肩代わりするケースも多いです。

ただし借金額が多い場合、家族全体を巻き込んだ問題になることもあるので、借金を返済せずに放置するのはおすすめできません。

離婚の危機が訪れる

嫁や旦那の借金が原因で離婚に発展するケースは少なくありません。

特に子供がいる場合は、子供の将来に悪影響が出る恐れもあります。

また夫婦で合意していれば借金を理由に離婚するのは可能ですが、相手が応じない場合は離婚は難しくなります。

嫁や旦那が借金を抱えていた場合の対処法

嫁や旦那が借金を抱えていた場合、どのように対処するのが良いのでしょうか?

借金の原因を知る

嫁や旦那がなぜ借金をしたのかを知ることが、問題解決の第一歩です。

本人の意志では解決が難しい、何らかの依存症が見つかる場合もあります。

担保があるかどうかを確認する

家や土地を担保として借金をしていた場合、借金返済ができないと家や土地が取り上げられ、生活の基盤を失う可能性があります。

嫁や旦那のお金を管理する

嫁や旦那の浪費癖が原因で借金返済ができなくなった場合は、配偶者がお金の管理をしてあげましょう。

クレジットカードを持たせないようにするのも有効です。

お金のかかる趣味がある場合は、別の趣味を探すよう勧めましょう。

カウンセリングを受ける

ギャンブル依存症や過度のストレスなど、精神面の問題で借金をしている場合は、カウンセリングを受けるのも効果的です。

次のような機関で借金問題のカウンセリングが受けられます。

  • 精神科
  • 心療内科
  • 日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

夫婦で返済計画を立てる

お金の管理ができずに借金を抱えてしまった場合は、夫婦で返済計画を立てましょう。

おすすめなのが「返済計画表」を作ること。

返済日は何日か、毎月いくら返済が必要か、完済日は何年の何月何日か、といった具体的な目標を設定しておけば、返済へのモチベーションを保ちやすくなります。

弁護士や司法書士に相談する

借金返済のプロである弁護士や司法書士に相談するのもおすすめです。

どうしても借金返済ができない場合は「債務整理」という方法があります。

債務整理とは借金の元本や利息を減額したりできる手続きです。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があり、借金の程度に合わせて弁護士や司法書士が適切なものを選んでくれるでしょう。

ちなみに任意整理は減らせる借金額が少ない分デメリットも少なく、自己破産は借金を帳消しにできる分、財産を没収されるなどデメリットが大きくなります。

個人再生は任意整理と自己破産の中間的な位置付けです。

債務整理をするとブラックリストに登録されたりするデメリットもありますが、支払総額を減らせるので生活の立て直しが図りやすくなるでしょう。

まとめ

嫁や旦那の借金は、配偶者に支払い義務は発生しないのでご安心を。

まずは夫婦で借金返済について話し合い、日常生活へのダメージが少なく解決できる方法をとるのがおすすめです。

どうしても嫁や旦那の借金問題を解決できない場合は、弁護士や司法書士といった専門家に相談すると、思ったよりもスムーズに解決できる場合がありますよ。