未分類

借金返済の専用相談窓口一覧

借金返済で苦しんでいるかたは多いです。

しかし1人で悩んでいても、なかなか解決の糸口がつかめない場合があります。
できれば誰かに相談するのがおすすめですよ。

そんな時に力になってくれるのが、借金問題の専用相談窓口です。

どんな窓口があるのか、詳しく見ていきます。

借金返済のための相談窓口一覧

借金返済の相談ができる窓口は、さまざまあります。

金融庁

金融庁には「多重債務についての相談窓口」があります。

窓口は全国にあるので相談しやすいですよ。

多重債務やヤミ金、ギャンブルによる借金などを抱えているかたは、ぜひ金融庁のホームページで、住んでいる地域の相談窓口を確認してみましょう。

国民生活センター

国民生活センターには、毎年25,000件以上の多重債務についての相談があります。

多重債務以外にも、さまざまな消費者トラブルにも対応しているので重宝するでしょう。

もちろん国の機関なので、相談料はかかりません。

法テラス

国が運営している法律に関する相談所です。

借金問題だけでなく、離婚や相続の問題など、幅広く対応してくれます。

次の条件を満たしている場合は無料で3回まで相談できるので、生活に困っているようなかたでも安心して相談できるでしょう。

手取りの収入額
  • 1人(同居人込みの人数)…18万2,000円以下
  • 2人…25万1,000円以下
  • 3人…27万2,000円以下
  • 4人…29万9,000円以下
資産合計額(自宅や係争物件を除く)
  • 1人…180万円以下
  • 2人…250万円以下
  • 3人…270万円以下
  • 4人以上…300万円以下

日本貸金業協会

借金問題について無料で相談できます。

平日の9:00~17:00の間に電話で対応しています。

またFAXや郵便、直接足を運んでの相談といった、柔軟な対応をしてくれるのもおすすめできるポイントです。

日本クレジットカウンセリング協会

クレジットや消費者ローンで多重債務になってしまったかたへ向けて、中立的なカウンセリングをおこなってくれます。

電話相談やカウンセリングは無料。任意整理も無料で取り組んでいて、50,000件以上の実績があります。

また家計の再建のについての相談も受け付けています。公益組織なので、安心して相談できるでしょう。

弁護士・司法書士事務所

弁護士や司法書士が在籍している法律事務所に相談するのも、もちろんOKです。

法律事務所によっては女性スタッフが対応する「女性専用窓口」が設けられている場合もあります。

生活費の足しについつい借金を重ねてしまう主婦やパートのかたでも相談しやすいでしょう。

借金を放置するとどうなる?

借金を放置すると、さまざまなデメリットが生じてきます。

ここでは借金を放置(滞納)した期間と、そのデメリットについて見ていきます。

数日~1週間

支払いの催促の電話がかかってきます。

1週間~2ヵ月

督促状や催告書が送られてきます。

2~3ヵ月

一括請求書が届きます。

半年~1年

裁判所から支払督促の申し立てや訴訟を起こされる可能性が出てきます。

それ以上の期間の放置

財産や給与を差し押さえられます。

債務整理の方法

債務整理の手続きでは、次の3つの方法が一般的です。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

貸金業者と交渉することで、借金額を減らしたり将来の利息をカットしてもらったりする手続きのことです。

しかし元本が減ることはほとんどなく、将来の利息のカットをしてもらえるのが一般的です。

任意整理を行うには、原則として安定した収入があることが必要です。

といってもアルバイトやパートでも安定した収入と見なされるので、心配しすぎる必要はありません。

任意整理のデメリットとしては、任意整理を行うと5年ほどはクレジットカードを作ったりローンを組んだりできなくなることが挙げられます。

個人再生

裁判所を介して手続きすることで、借金の額が5分の1程度に大幅に減額できるのが特徴です。

デメリットとしては、ローンの支払が残っている車を没収されたり、官報※に掲載されたりすることが挙げられます。

また任意整理と同じくクレジットカードなども作れなくなります

※国が発行する新聞のようなもの。法律改正や破産などの情報が掲載されている

自己破産

裁判所を通しておこなう手続きで、借金がすべて免責になる大きなメリットがあります。

ただし手続きが複雑だったり、財産のほとんどを取り上げられたりと、デメリットも大きくなります。

また自己破産をすると、免責が決定する3~6ヵ月の間は特定の職業に就けなくなります。警備員や生命保険募集人、弁護士、建設業などがこれに該当します。

まとめ

借金返済の専用相談窓口はさまざまあります。自分の好みに合わせて選びましょう。

借金を放置すると最悪の場合、財産や給与が差し押さえられる可能性もあるので、1人で悩む前に、思い切って専門家に相談するのがおすすめですよ。