未分類

任意整理がおすすめできるケースは?

「毎月の返済を楽にしたい」
「借金を払いきれない」

こんなかたには任意整理がおすすめです。

ただし任意整理が向いている場合と向いていない場合があります。

任意整理はどんな場合におすすめなのでしょうか?

任意整理とは

任意整理とは、貸金業者と交渉することで借金の総額を減らしたり、未来の利子を免除してもらったりする手続きのことを言います。

ただし一般的には未来の利子を免除されるケースが大半です。

借金の元本を減らせるケースは多くありません。

任意整理は裁判所を通さず直接貸金業者と直接交渉します。

作成する必要書類が少ないメリットがあり、債務整理の種類のなかで最も広く行われています。

ちなみに債務整理の種類には、任意整理以外に「個人再生」と「自己破産」があります。

任意整理がおすすめのケース

任意整理は、次のような状況にあるかたにおすすめです。

借金の額が少ない

借金の額が少ない場合は、個人再生や自己破産よりも任意整理がおすすめです。

減額される借金は少なめですが、貸金業者からの同意も得られやすいでしょう。

先ほども触れましたが、任意整理では借金の額を大幅に減らすのは難しく、借金の残高がそのまま残るので注意しましょう。

借金額が200万円程度なら、任意整理が向いています。

家族にバレたくない

任意整理は家族にバレにくいです。

個人再生や自己破産だと、家族の収入などを証明する書類などが必要なので、家族にバレてしまいます。

一方、任意整理は家族に関する書類などは必要ない場合がほとんどです。

弁護士や司法書士に任意整理を依頼した場合は、貸金業者からの連絡が自宅に来ることはないので、さらにバレにくくなるでしょう。

ちなみに複数の人や貸金業者から借金をしている場合でも、任意整理なら特定の借金だけを整理できます。

「親戚からの借金だけ任意整理したくない」といった柔軟な手続きが可能です。

債務整理の費用を抑えたい

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する場合、任意整理なら手続きがシンプルなので費用が安く済みます。

借金の額や成功報酬の額、依頼する事務所によっても異なりますが、一般的には10~15万円ほどの費用になるでしょう。

車のローンがある

車のローンがある場合、個人再生や自己破産をしてしまうと車を没収されます。

これはローンの支払が終わるまでは、車はディーラーやローン会社の持ち物だからです。

一方、任意整理なら車を没収されることはありません。

煩雑な手続きを避けたい

任意整理は裁判所を通さない手続きなので、煩雑な手続きは必要ありません。

弁護士や司法書士に任意整理を依頼した場合でも、1度打ち合わせをする程度で、後はすべての作業を代行してもらえます。

個人再生や自己破産では裁判所とのやりとりが必要になるので、複数回の打ち合わせが必要になるでしょう。

ある程度の返済能力がある

任意整理では、未来の利子が免除されたり、返済期間を延ばしてもらえたりするのが一般的です。元本はそのまま残るでしょう。

しかし最低限の返済能力があるなら債務整理できちんと返済していけます。

任意整理はアルバイトや年金受給者でも行えます。

ただし無職のかたや生活保護を受けているかたは任意整理が利用できないので注意が必要です。

任意整理は弁護士や司法書士に依頼しよう

自分で貸金業者と交渉し任意整理をすることもできますが、交渉に慣れていないかたは弁護士や司法書士などに依頼するのがおすすめです。

弁護士や司法書士の選び方

弁護士や司法書士は、次の基準で選ぶのがおすすめです。

  • 料金体系が分かりやすい
  • 事務所がアクセスしやすい場所にある
  • 誠実な仕事をしてくれる
  • 無料相談ができる
  • 実績が多い

料金が必要以上に高かったり、どんな手続きに料金がかかるのかが分かりにくかったりする弁護士・司法書士事務所は避けましょう。

また依頼する弁護士や司法書士がきちんと仕事をしてくれるかどうか、人柄も大切です。

相談する際は電話やメールでも可能ですが、できるだけ実際に会って話をします。

さらに実績や人気があったり、無料相談が受けられたりすると、安心できるでしょう。

法テラスに相談する方法もある

弁護士や司法書士以外の選択肢として「法テラス」があります。

法テラスとは日本政府が設立した機関で、法律に関する情報提供や、弁護士の紹介サービスなどが受けられます。

借金問題など法的トラブルを解決する、窓口としての役割があります。

一定以下の収入のかたなら、無料で法テラスを利用できます。

まとめ

任意整理は、「借金の総額が200万円程度」「家族にバレたくない」「ローンが残っている車を手放したくない」といった場合におすすめです。

任意整理は自分でもできますが、弁護士や司法書士に依頼すると確実でしょう。

借金でお困りのかたは、ぜひ任意整理を検討してみてくださいね。