未分類

借金が返せないとどうなる?辛い借金返済から抜け出す対処法

「返せないくらい借金がある」
「借金が全然減らず困っている」

こんなかたは多いようです。

しかし借金が返せないとどうなるのでしょうか?この記事では借金が返せないことで起こる弊害について見ていきます。

記事の後半では借金を返済をする方法も見ていくので、ぜひ参考にしてみてください。

借金が返せないとどうなる?

借金が返せない場合、督促の電話がかかってくるだけではありません。

損害遅延金が発生する

借金を滞納すると損害遅延金を取られます。

損害遅延金は年間で20%近くになることも多く、通常の利息と合わせて支払わなければいけません、さらに返済が難しくなるでしょう。

強制解約になる

一般的にはクレジットカードの滞納を1ヵ月以上続けると、そのクレジットカードは強制解約になります。

強制解約されるタイミングはカード会社や貸金業者によって異なりますが、一度解約されると同じカード会社で再度クレジットカードを作るのは難しいでしょう。

一括返済を求められる

借金が返せない場合、滞納してから数日以内に督促の電話がかかってくるのが一般的です。

しかし督促が来ても返済せずに放置していると、2~3ヵ月ほどで一括請求書が送られてきます。

訴訟を起こされる

一括請求にも応じないでいると、カード会社や貸金業者に訴訟を起こされるでしょう。

訴訟とは、裁判所へ訴えることで法的効力のある措置をとることです。

それでも借金を返せない場合は、給料が差し押さえられる(手取りの4分の1の額まで)といった強制執行が行われます。

もちろん給料が差し押さえられれば、勤め先の会社にもバレるのはもちろん、日常生活にも支障をきたすでしょう。

ブラックリストに登録される

「ブラックリストに登録される」とは、「日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」といった信用情報機関に事故履歴が登録されることを言います。

ブラックリストに登録されると、5年間は新たにクレジットカードを作れなくなったり、ローンを組めなくなったりします。

借金を返せない場合に注意すること

借金を返せない場合に気をつけたいポイントについて見ていきます。

借金の返済のために借金をしない

「借金の返済のために、違う貸金業者から借金をする」というのを続けると多重債務に陥りやすくなり、返済が不可能になる恐れがあります。

返済が不可能になると「自己破産」しなければならなくなる可能性があります。

自己破産は借金が0円になるメリットはありますが、財産のほとんどを没収され、99万円以下の現金しか残してもらえません。

また自己破産の手続き中は、建築業や警備員など特定の職業に就けなくなるといったデメリットもあります。

時効を待たない

借金にも時効はありますが、時効まで待ち続けるのは現実的ではありません。

しかも時効が成立するのは貸金業者が5年以上督促をしなかった場合に限られます。

なるべく親戚や知人にお金を借りない

借金を喜んで肩代わりしてくれる親戚や知人がいればいいですが、そんな人はなかなかいないでしょう。

お金を貸してくれる人が見つかったとしても、今度は知人への返済が必要なので、結局は借金生活から逃れられません。

ヤミ金を利用しない

借金問題で苦しんでいるかたは、追い詰められて判断力が低下する恐れがあります。

しかしどんなに苦しい状態でも、ヤミ金には絶対に手を出してはいけません。

「ヤミ金は利子が高いだけじゃないの?」と考えているかたもいますが、ヤミ金と関わると犯罪に巻き込まれる可能性が高いのです。

借りていない分まで口座にお金を振り込んできて法外な利息を請求してきたり、暴力的に脅されたり。

契約時に渡した個人情報も好き放題に使われ、家族や親族にも被害が及ぶ可能性が高いでしょう。

万が一ヤミ金とか変わってしまった場合は、すぐに警察に相談しましょう。

警察が動いてくれない場合は弁護士や司法書士、または消費生活センターといった公的機関に相談するのをおすすめします。

借金を返せない場合は弁護士や司法書士に相談しよう

借金を返せない場合は、弁護士や司法書士など専門家の力を借りましょう。

借金返済のための適切なアドバイスが受けられたり、借金の減額手続きを代行してくれたりします。

債務整理の手続きをおこなうと、例えば借金が5分1程度に減額されたりします。

債務整理をするとブラックリストに登録されるといったデメリットもありますが、安心できる生活への希望が見えてくるでしょう。

まとめ

借金を返せない状態が続くと、損害遅延金が発生したり貸金業者に訴訟を起こされたりして、どんどん経済的に不利な状況に陥ります。

借金返済のためにさらに借金を重ねる多重債務者になる可能性もあるので、なるべく早く弁護士などに相談して、苦しい状況から抜け出しましょう。